友信のサービス

Home > サービス概要

新しい時代の、新しい商社へ

時代と環境の変化に適用しないものはすべて淘汰していきます。
商社は商取引機能をはじめ様々な機能を駆使してビジネスを展開しています。
商社が単にモノを調達し、ユーザー様に販売するだけの時代は終わりました。
そして最近の経済のグローバル化やIT革命といった大きな環境変化のもとで、商社は、ユーザー様が製品開発・製造を行う過程で、様々なソリューションを提供できる存在でなければならない。私たちはそう考えています。そこで友信貿易は、伝統的な商社としての機能から派生した4つの機能を強化。
「購買物流機能」、「品質・環境マネジメント機能」、「加工サービス機能」、そして時代を切り拓くための「企画開発機能」。
このようにして、友信貿易は時代のニーズに合わせて日々進化しているのです。

購買物流機能

顧客の「購買業務」「顧客内物流業務」といった購買部門機能を友信貿易が代行します。
「購買業務」は、ワールドワイドに広がる多くのメーカー様の中から、より適した発注先の選定、部材発注を行うとともに、専門知識を駆使した品質管理や納期管理も徹底。
顧客のニーズに合わせた、きめ細かな搬入・仕分け・配送・加工処理など全体最適の物流システムの実現を目指しています。
万一の不良発生時の対応も迅速です。
これまでの豊富な経験やノウハウを活かして、国際複合一貫購買物流業務や、アジア・中国など発展途上国での購買物流事業にも積極的に取り組んでいます。

接着剤の豆知識

友信貿易ではたくさんの接着剤を取り扱っております。お使いになる際に、ご参考まで。

接着剤の使い方

Work flow

接着剤のタイプ 一液型、常温湿気硬化接着剤 ゴム系接着剤 一液形接着剤 二液混合形接着剤
接着面の清浄 接着面の油・水・サビ・ほこり・塗料・離型剤などをウエス、サンドペーパー、洗浄溶剤を使い清浄する。
ゴム、プラスチック類は特に離型剤に注意する。
接着面はできる限り平滑にする。
木材、コンクリートは良く乾燥させる。
混合 主剤、硬化剤の配合比率で必要量取り出し、計量後良く撹拌混合する。二液混合吐出装置が利用可能。
塗布 被着材の両面に薄く均一に刷毛、ヘラ等を用いて塗布する。塗布装置も利用可能。 被着材の片面に刷毛、ヘラ、コテを用いて塗布する。
目的に応じて刷毛、ヘラ、クシゴテ、ローラー、塗布装置も利用可能。なお、瞬間接着剤は容器から直接、または専用吐出装置を利用する。
オープンタイム 粘着性が得られるまで、両面塗布した被着材を5~10分放置する。初期粘着性を必要としない場合はすぐ貼合せ可能。 溶剤が揮散するまで被着材は必ず5~10分放置する。
貼合せ オープンタイム後、一時的に強い圧力で圧締すると初期接着強さを発現する。但し、完全硬化までには養生が必要である。 片面塗布後放置せずすぐに貼合せる。
圧締・固定 実用に耐えるまで数時間必要である。貼合せ後被着材が動かないようにクリップやクランプ等の治具を用いて養生時間固定する。
硬化・養生 実用に耐えるまでの時間、圧締・固定したまま養生する。約3時間放置(完全硬化24時間)

●樹脂系溶剤形
12~24時間
●エマルジョン形
4~5時間
●エポキシ系
1~12時間
●加熱硬化形
カタログ記載の加熱硬化時間を守ること。

後清掃 塗布器具は使用後すぐに洗浄溶剤などで洗う。
また、チューブの先端、缶のフチに着いた接着剤は良く拭き取りフタを確実に締め内容物が硬化しないようにする。

潤滑剤の豆知識

友信貿易ではたくさんの潤滑剤を取り扱っております。お使いになる際に、ご参考まで。

Page Top